芸能特捜隊!

芸能ニュースを捜査します!

永野芽郁

永野芽郁は演技下手?真相は?

永野芽郁は演技下手?真相は?

について、

 

芸能特捜隊のエル隊員が

捜査報告をしてくれました!

 

 

2016年ブレイク必至女優として

注目されて以来、引っ張りだこの

永野芽郁ちゃん。

 

永野芽郁14

出典:twitter.com

 

そんな

永野芽郁ちゃんの演技力が

下手だなんて言う方が

いるそうなので、

 

実際のところはどうなのか

検証したいと思います。

 

<スポンサードリンク>


 

永野芽郁の演技は下手?事務所のごり押し女優!?

 

永野芽郁4

出典:twitter.com

 

永野芽郁は事務所の

ごり押しだとか演技が下手

だとか言われていますが、

 

最初に言っておきます、

演技は相当うまいです!!

 

 

下手だと言う方は、

出演作品をあまり

見ていないのかも

しれませんね。^^:

 

 

この若さで

今の演技力があれば

十分将来有望な

女優さんだと思います。

 

 

さすが子役から演技を

していただけあって

下手と言われる

理由が見当たりません。

 

 

これまでも漫画の実写化など

前評判が良くない作品でも

公開後は

 

「イメージが変わった!」

「ヒロインは永野芽郁で当たり!!」

 

など、

高評価に変わって

いるのも事実です。

 

 

主役ではなくても

作品ごとにきちんと

爪痕を残していく演技力には

 

今一番将来が期待されている

女優さんなのではないでしょうか。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

ドラマなどの演技の評価は?

 

永野芽郁1

出典:twitter.com

 

結構色々と

出演していますので、

まずは出演作から。

 

 

ハガネの女(2010年)

テレビ朝日 小学生時代の芳賀稲子役

 

八重の桜(2013年)

山川常盤役

 

真田丸(2016年)

千役

 

表参道高校合唱部!(2015年)

近藤美希役

 

いつかこの恋を思い出して

きっと泣いてしまう(2016年)

船川玲美役

 

こえ恋(2016年)

吉岡ゆいこ役

 

スーパーサラリーマン佐江内氏

(2017年」笹原桃子役ゲスト出演

 

など、ほかにも

たくさん出演しています。

 

 

個人的に印象に残っているのは

ゲスト出演した、

 

スーパーサラリーマン佐江内氏での

スーパーウーマンで栃木弁を話す

 

素朴なスーパーウーマンを

演じた時の何とも言えない

可愛さが良かったです。

 

 

主演の堤真一さん演じる

スーパーサラリーマン佐江内氏との

スーパーマンならではの

 

悩みなどを話すシーンは

ほっこりとしてしまうほどでした。

 

 

登場時間が

それほど多くなくても

印象に残るというのは、

 

演技力あってのこと

だと思いますが、

 

世間の評価は下手という

意見もそれなりに

あるようですね。

 

 

 

永野芽郁は演技下手?真相は? まとめ

 

今回は永野芽郁ちゃんの

演技が下手だという噂について

まとめてみましたが

いかがでしたでしょうか。

 

 

演技が下手だとか

一部の方からは

言われているようですが、

 

出演作品を見ても役柄も多彩で

これだけ人気のドラマに

出演しているのですから、

 

下手だったらここまで

出演していないと思います。

 

 

どのドラマにしても役に

ぴったりとハマり

なりきっている姿に

演技が下手だなんて、

 

まだまだ

永野芽郁ちゃんの

魅力を感じれて

いないかもしれません。

 

 

これまでの出演作品を

改めてみると

 

ちょい役でも印象に残る

見事な演技を見ると

演技に対する評価が

変わると思いますよ。

 

 

印象がきっと

変わるはずですから!!

 

 

エル隊員。

捜査報告をありがとうございます!

以上で終わります。

 

 

 

まとめ

 

以上が、

永野芽郁は演技下手?真相は?

について、

 

芸能特捜隊のエル隊員が

捜査報告をしてくれました!

 

 

永野芽郁さんは

自身のスキャンダル的な噂もあり、

演技に対する評価も

上手いと下手で二分しているようです。

 

 

これらを払拭する為にも

活躍を続けていって欲しいですね。

 

 

それではまた次回の

芸能特捜情報でお会いしましょう!

 

 

他の芸能情報も見る(もくじページ)

トップページに移動する

 

<スポンサードリンク>



こんな記事もよく読まれています!

-永野芽郁